「こころとからだのフラクタルカウンセリング®」講座

フラクタルカウンセリングロゴ
【開講予定】

場所 予定日時
【東京】 白金高輪Casa Pino 10:30~16:30
【1日目】 5月19日(土)
【2日目】 5月20日(日)
【大阪】 心斎橋瑠璃珈琲 10:00~16:00
【1日目】 6月9日(土)
【2日目】 6月10日(日)
mousikomi
※トップページから「こころとからだのフラクタルカウンセリング®講座講座」をお選びいただきカレンダーから日程をお選びください。
※再受講の際は【再】をお選びください。
 

受講資格
フラクタル2
 

「こころとからだのフラクタルカウンセリング®」講座はこんな方におすすめ
フラクタル画像


 

病院に行くと問診票を記入しますよね。
今ある症状や状態を把握するための質問がたくさんあります。
これを見て医療者は診断材料にしていきます。

タッキー先生のこころとからだのフラクタルカウンセリング®ではこの「問診」に注目してみました。

今までの問診をちょっと違う視点から
クライアントさんに投げかけると
その方も自覚していない
「こころの本質」や
「生活背景」
「生き方のくせ」
を発見することができます。

そしてその発見(気づき)がからだからのメッセージだとしたら?

_28L1569
「こころとからだのフラクタルカウンセリング®」とは
からだの症状は今、現在のこころはもとより、
自分の身の回りの家族や、社会、その他、
環境の中で起こっていることと
常に
「リンクしている=フラクタル(自己相似形)を作っている」ということに気づくためのカウンセリング法です。

 

例えば、便秘のひとは「また、後で」「また、今度」という口癖があり、
いつもタイミングを逃している・・・。
消化が悪い人は、身の回りで起きている現実も消化不良・・・といった具合。

そのフラクタルを探すためのオリジナル「こころとからだのフラクタルカウンセリング®シート」を使って
フラクタル発見のための的確な質問をしていきます。

13147583_1195048053853193_3447669788079932149_o
クライアントの口から発せられる言葉は全てその方のこころの中にあることば。
症状の問診であっても「うっとうしい」という言葉が出てきたら
それはすなわちその方の生活、生き方の中に
「うっとうしい」出来事があるというところに着目してカウンセリングを続けていきます。

【講座内容】
HPこころとからだのフラクタルカウンセリング®講座新
講座の流れ・概要一覧はこちら→☆☆☆

全2回(各5時間) 東京・大阪開催 受講料:¥118,000+税

※受講資格:1day講座修了者(タッキー先生・または認定講師いずれの講座でも可)
再受講料:¥10,000+税

充実のオリジナル資料
◆こころとからだのフラクタルカウンセリング®とは?
◆オリジナルフラクタルチャート(設定された的確な設問)
◆各部位別「からだの気持ち」
◆主要臓器(心臓・肝臓・腎臓・肺など)の気持ち
◆生年月日によるクライアントの資質(27分類)
◆生年月日を使用した人間関係(11の人間関係と6つの分類)



【症状分析士®】

こころとからだのフラクタルカウンセリング®講座を修了された方で
さらに「27のからだ学」を履修された方は
「症状分析士®」エントリーフォームよりエントリーしてください(登録料¥20,000)。

ご自身のスキルと「27のからだ学」の27の資質、
人間関係を融合してカウンセリング事例20件と
レポート(検証や感想、考察、クライアントの気づき、自分の気づき)を提出していただきます。
そのうち3例は半年以内に提出いただき、最長1年以内にすべて提出ください。

レポート提出後、タッキー先生の精査認定ののち「症状分析士®」の資格を付与します。

これらのレポートを蓄積し、共有の経験値としてご活用いただくことで
ご自身のスキルにさらに厚みと深みを増す施術、カウンセリングが実現します。
新たなエビデンスを皆で積み上げてくださる方をお待ちしております。

年1回開催する「症状分析士®発表会」に出席いただくことで資格の更新とさせていただきます。


ページの
先頭へ戻る

Copyright © 2016 Tackeysensei All rights reserved.